新品に交換後の注意|より安全に運転するためにはタイヤ交換を定期的に

より安全に運転するためにはタイヤ交換を定期的に

メンズ

新品に交換後の注意

作業員

タイヤ交換を行った後に早速運転をすると、普段の運転に比べて違和感を覚えることは多いです。そんな違和感の中でも最たるものが、滑り易さです。新品のタイヤの表面には、分離剤という薬剤が塗られています。これは、タイヤのゴムを型から取り出す時に取りやすくするために塗布する薬剤であり、ツルツル滑るのが特徴です。また、新品のタイヤはまだ車に慣れておらず、車の性能を完全発揮するのには至りません。そのため、タイヤ交換で新品のタイヤにしたのならば、慣らし運転を行いましょう。
慣らし運転の仕方は、普段よりも安全運転を意識し、一定の距離を走ることです。そうすることで、地面との摩擦により新品タイヤの表面の分離剤は剥がれ落ち、ブレーキもかかりやすくなる他、地面との接触も慣れ始めるので次第に元の乗り心地に戻っていきます。走行距離などの具体的な説明はタイヤ交換業者の人に相談すれば教えてくれることが多いので、わからないことや慣らし運転における注意点は事前に尋ねておきましょう。なお、基本的には100キロ程度走れば問題ないといわれています。
タイヤ交換をしてならし運転を行っていない時に気を付けるべき事は、酷使しないことです。前述したように、タイヤ交換を行ったばかりの新品のタイヤは滑りやすく、激しい運転を行うにはあまり適していません。そのため、スリップなどの事故を起こしてしまう可能性も必然的にあるので車を運転する仕事についている場合はあらかじめ注意しておきましょう。